このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
認定傾聴プロカウンセラー養成講座

傾聴プロカウンセラー
養成講座

本格的に「聴くプロ」として
活動したいあなたへ
  • オンライン開催

【第1期】3月モニター募集

傾聴プロカウンセラー
養成講座とは

「聴くプロ」として、本格的なカウンセリングを身に付けたい方、今後現場で活動したい人を養成する講座です。「聴ける」だけでなく、「解決できる」カウンセラーを養成します。

カリキュラム
(4日間×4時間)

【1日目】
傾聴トレーニング
傾聴集中トレーニング
・傾聴カウンセラー養成講座内容
【2日目】
傾聴から問題解決法を学ぶ(旧アドバンス)
・「聴く」から「解決」への移り方
・CRAFTとは
・CRAFT使用時の最重要ポイント
・CRAFT体験
・問題を解決するために不可欠な「積極的アプローチ」とは
・解決に向けて進める解決手順
・解決誘導の基本パターン
<積極的アプローチの種類>
1.最良な提案の仕方
2.どちらか迷った時に効果的なシミュレーション選択
3.自分の経験を相手に役立ててもらうための自己開示の仕方
4.聴く側から見て、相手を客観的に伝えるフィードバックの仕方
5.クローズドクエスチョンを上手に使い、自分(相談者)が決めた行動を確認させる積極的要約
6.情報提供・助言・教示・意見・示唆の仕方
7.行動を起こしてもらうための矛盾、不一致を見つけ方
・相手がイエスと言いやすい提案の仕方~相手の気持ちを引き出す質問と会話
「ディレクティブ」で伝える、とは
・行動変容に有効な勇気づけの言葉
【3日目】
積極的アプローチ
トレーニング
問題解決に向けた集中トレーニング
【4日目】
総合トレーニング

カウンセリングの総トレーニング
・傾聴から問題解決まで

見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

傾聴プロカウンセラー資格取得には、
「試験」があります。

受験資格:本講座を修了した者
試験内容:実技試験。傾聴スキル
合格点数:当協会の定める項目で総合70点以上
受験可能期間:講座修了後1か月以内
受験料:10,000円(税込)
再試験:5,000円(税込)
受験申込:自己申告制

受験までの3ステップ

申し込む
「今すぐ申し込む」をクリックし、
必要事項を記入、送信するだけ。
受講する
オンラインで受講。
試験を受ける
オンラインで試験官と30分間行います。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

試験に合格された方は

傾聴プロカウンセラー資格取得

傾聴を行える証として、 NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会認定資格を授与します。履歴書にも記載できますので、ご自身の活動にご活用ください。

モニター受講について

受講条件
・認定傾聴カウンセラー認定者
・受講後の簡単なアンケートにお答えできる方
・お名前、本人画像を掲載可能な方
※イニシャル・ニックネーム・自由画像可
・4日間全ての日程を受講できる方
形式
オンライン
定員
4名限定
※定員に達し次第終了となります。
研修時間
1日4時間・4日間
研修時間
第1日:3月16日(土)10:00~14:00
第2日:4月13日(土)10:00~14:00
第3日:5月11日(土)10:00~14:00
第4日:6月08日(土)10:00~14:00
(休憩含む)
受講料
<定価> 
128,000円(税込140,800円)
         ↓
<モニター価格> 
89,800円(税込98,780円)
※すでにアドバンスを受講された方は3日受講
 税込59,378円
※お振込みのみ対応
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

講師紹介

NPO法人日本メンタルヘルスケアサポート協会
代表理事 奥江 裕理
傾聴プロカウンセラー養成講座は、本格的に傾聴を身に付けたい方、また今後傾聴を活用し独自で活動したい方に向けた当協会渾身の講座です。受講される皆様の想いを継ぎ、本気で関わらせて頂きますので、ぜひご受講ください。

<講師実績>
人事院様・防衛省様・公正取引委員会様・独立行政法人統計センター様・東京高等裁判所様・横浜地方裁判所様・一般財団法人日本国際協力センター様・国立市役所様・川崎市役所様・警察共済組合様・JRグループ西日本電気システム株式会社様・TOTO株式会社様・株式会社大林組様・株式会社シード様・株式会社うかい様・中野倉庫運輸株式会社様・川崎設備株式会社様・株式会社NTTマーケティングアクト様・メットライフアリコ様・損害保険ジャパン日本興亜株式会社様・松屋銀座様・スマートニュース株式会社様・サクサホールディングス株式会社・京都文化芸術会館様・京セミ株式会社様・京阪カインド株式会社様・JEC連合様・JFEスチール労働組合様・日本製鉄名古屋労働組合様・イトーキ労働組合様他多数
表示したいテキスト